パニック障害?

パニック障害

パニック障害が名づけられたのは1980年ですが、日本では近年までそれほど認知されていませんでした。
さほど理解がなかったために、周囲の人たちの理解が得られずに悩んだ人もかなりいたと言われています。
現在では、パニック障害を患っている芸能人がテレビなどを通じて発表することもよくあり、そのせいもあってか世間の認知度も上がっています。
パニック障害と称されるようになる前は、不安神経症や心臓神経症といった名前で診断されていました。
パニック障害の代表的な症状としてパニック発作と呼ばれるものがありますが、これだけではパニック障害と決め付けられることはないのです。
これは、パニック発作が複数回起こり、その発作にまた襲われるのではないかと激しく不安になり、発作に見舞われないように逃げる行動が出ているときに判断されます。

 

パニック発作がよく起きるというだけであれば、身体のどこかに要因が潜んでいると思うか、違う精神疾患であるとみなします。
パニック発作というものは、動悸、息切れ、呼吸困難など多様な症状が急に降りかかってきますが、30分以上症状が続くことはありません。
発作というのは多数種類があり、呼吸器系や心臓などに関わる疾患を怪しむ人が多いでしょうが、パニック障害ですと異業が何も見当たりません。
これについてわかっていないために原因究明がかなわず、いくつもの病院で診察や検査を受ける人も沢山いるようです。
パニック障害は、初期のうちに発見して直ちに治療を始めることができれば完治できる病気です。
わかるまでの期間が長くなり、慢性的になってしまうと完全に治すためには時間を要する可能性も出てくるため、なるべく早く病院で治療を始めましょう。